クレジットカード現金化がなぜ人気になったのか?

クレジットカード現金化で使うカードは、これは取扱いしていませんというものはまずありません。業者の方でも使えるカードならほとんどのものは対応してくれるはずです。

カードを指定されることもありませんし、業者にカードを預ける必要もありません。もし業者がカードを送るように、また新しくカードを作るように言ってきたら、それはあやしいと警戒するようにしてください。現金化ではカード情報がわかればよいので、カードを預けたりしないように気をつけましょう。

つまり、クレジットカード現金化とは手持ちのカードのショッピング枠を使って現金にする方法ですから、そのカード情報を伝える以上のことはする必要はありません。

カードを指定してくる、カードを送らせる、新しくカードを作らせる、そういった業者に現金化をまかせるとトラブルが起こる可能性が高いので避けることをおすすめします。現金化業者はたくさんあるのですから、わざわざそういった悪質な業者と関わることはないですよね。

カードを使って商品を購入し、一定の還元率で現金化するということになりますが、その時のカードの利用額も業者によってさまざまです。1万円などの少額でも受け付けている所も多いです。しかしそこでも、業者に申し込む際に広告や業者サイトと違う内容になっていたら、そんな業者は信用できないですね。やめておいた方が無難です。

利用額以外にも、現金を振り込む期日や金額も、約束通りになっていなければなりません。悪質な業者にまかせると、最悪の場合、現金の振り込みをしないまま雲隠れといったケースも実際に起こっています。そうなるとキャッシュバックのないまま買った商品の代金を払わなければなりませんので、相当痛いことになります。くれぐれも業者選びには気をつけることです。

関連記事

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です