クレジットカード現金化を何度もしたい理由はこちら

クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠を使って現金にする方法で、結果だけ見ればキャッシングと似たような感じですが、キャッシングというわけではありません。具体的に言うと、自分の手持ちのクレジットカードで商品を購入し、それに付いているキャッシュバックによって現金が入ってくるということです。

現金化の細かい手順は業者によってさまざまですが、現金化までのスピードによって2種類に分けることができます。申し込みを受けた日のうちに現金の振り込みまでやりますという業者と、当日ではなく数日後に振り込みますという業者です。利用者にとっては現金の振込みまでにどのくらい時間がかかるかというのはとても重要ですね。またそれによってその業者が信頼できるかどうか判断する基準にもなると思います。
自分でクレジットカード現金化をすることはできるのか?

たとえば業者の中には、申し込みを受けて1時間以内に振り込みますという所もあります。もちろんその通りだと嬉しいのですが、まあ1時間過ぎてもすぐに振り込まれるなら十分信頼できる範囲でしょう。即日対応というのであれば、今日中にできるからその業者に頼んだということですから、翌日にあると言われると困ってしまいますね。また5日で振り込むと言われて1週間以上かかってしまったとなると、さすがにこれは信用できない、もうこの業者には頼まないというレベルでしょう。

そもそも利用者はお金に困っているから現金化を頼むのであって、できるだけ早く、少なくとも約束した時間までにきっちり仕事をしてほしいと思うのは当然のことですね。ですから、約束通りに振り込みをしてくれる業者をしっかり選びたいものです。クチコミ情報も調べて、いい業者にあたったらその情報も提供するといいですね。

クレジットカードが現金化するためには

クレジットカード現金化に限った話ではないですが、特にお金がからむことですし、約束を守るというのはとても大事なことです。業者はそれが仕事なのですから、ちゃんとしてくれないと困りますよね。

クレジットカード現金化で守るべき約束というと、振込みの期日とその金額です。事前に利用者と業者とが話し合い、納得して決めたことです。利用者の都合で土日や祝日など銀行の休業日も計算に入れて決めます。その期日どおり、遅れることなく振り込みが行われないと大変でね。

また金額では利用額からいくら現金化できるかというのを還元率と言いますが、その還元率と商品の送料など、手数料がかかる場合はそれもはっきりさせて、最終的にはいくら振り込むのかということをお互い確認し、納得したうえで取引をすすめなければなりません。それが不十分であったり嘘があったとすれば、その業者は信用できませんね。トラブルになる可能性が高いですから、そのような業者は避けた方がよいでしょう。

クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠の範囲で業者が案内した商品を購入します。その商品は、買った時にもれなくキャッシュバックが付いた景品にあたるものになります。細かい手順を言えば、業者への申し込み→振り込みの期日・金額などの確認→現金の振り込み→商品の送付となります。業者とのやり取りはそこで終わり、翌月以降に商品の代金を支払いが始まります。

もしこういった約束が守られなければ大問題です。現金の振り込みが期日より遅れてしまう、またお金の振り込み自体がないとしたら、その業者は悪質きわまりないですね。仮にキャッシュバックがなかったとしても代金の支払いをキャンセルすることはできません。

クーリングオフを考える人もいるかもしれませんが、現金化の場合は脅されて買ったとか、時間の余裕がなくて買わされたとは言い難いケースがほとんどですので、クーリングオフができないことが普通です。何かあってからどうにかしようというのは難しいという現実があります。ですからそういった悪質な業者を選ばないということが大切になってくるのです。